らいと・すたっふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『たまにはのんびり散歩。の巻』

<<   作成日時 : 2007/12/06 02:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

/*/

『たまにはのんびり散歩。の巻』

/*/

登場人物

・ユーラ :小笠原苦戦者の会・長老。
      竹内との評価がプラスになったので、
      今回は息抜きをしようと思っている。

・高渡  :ただいま晋太郎さん相手に奮闘中。
      今回はユーラの息抜きに付き合わされることに。

・岩手文明:頂天のレムーリア第1部参照。
      単行本化されています。買ってね。

・副官  :富良野純。同じく頂天のレムーリア第1部参照。

/*/

ユーラ :こんにちは。少し早いですが小笠原ゲームに参りましたー。

芝村 :記事どうぞ

ユーラ :はい。その前に、同行者の高渡さんをお呼びします。

芝村 :はい

高渡 が会話に参加しました。

ユーラ :記事はこちらになります。

【予約者の名前】1400285:ユーラ:後ほねっこ男爵領
【実施予定日時】07/12/05 16:00〜17:00
【ゲームの種別】小笠原ゲーム
【イベントの種別:消費マイル】
 ・ミニイベント(1時間):10マイル
【召喚ACE】(※小笠原のみ)
 ・岩手文明:FEG滞在:0マイル
 ・富良野純:藩国非滞在:10マイル
【合計消費マイル】計20マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・0300045:高渡:フィールド・エレメンツ・グローリー:入学済:10マイル
 ・1400285:ユーラ:後ほねっこ男爵領:仮入学(既):10マイル

よろしくお願いします。

高渡 :こんにちは。

芝村 :イベントは?

ユーラ :特に決めてないのでお勧めがあればそれを

芝村 :ふふーん

高渡 :煤@今日はわたし岩手のいんそつががりです

ユーラ :(な、なにごとがっ

高渡 :ゆーらさんが(以下略

ユーラ :晋太郎さんの呪いが(以下略

高渡 :orz

高渡 :そっちは補習で…(笑

芝村 :/*/

芝村 :岩手はにこにこしている。

芝村 :スケッチブックをもっているよ。

高渡 :「こんにちはー!」

ユーラ :「はじめまして、岩手さん。今日はよろしくお願いします」

岩手:「こんにちは。お嬢さんたち」
(※一瞬、自分の事までお嬢さんと言われているのかと… byユーラ

芝村 :岩手は目をつぶっている

ユーラ :「今日は絵を描かれるんですかー」

高渡 :「おお!絵ですか 実は私も絵描きなのです」>スケッチブックをみつつ

岩手:「いつも、描いています」

副官:「こちらでよろしいのですか?」

ユーラ :「む。高渡さんほどじゃないですけど僕も国ではたまに絵をかきますよ!」

ユーラ :「あ、富良野さん。こんにちは。はじめまして!」

高渡 :「こんにちは。はじめましてです」

副官:「なんか、呼ばれるのは初めてで緊張します。どんなめくるめく愛が」

高渡 :「高渡といいます。よろしくおねがいします」

高渡 :あはは>めくるめく愛

ユーラ :「今日はお呼び立てしてすみません」

ユーラ :なんとなく握手すべく手を差し出してみます。>富良野君

芝村 :副官は頭を下げただけだった。

ユーラ :残念だっ
(※隠れ富良野ファン。

岩手:「今日は、何をして遊びましょうか。小助くんがいないので、のんびりできそうです」
(※滋賀が聞いたらまた蹴り倒されるんじゃなかろうか。

高渡 :わはは(笑>のんびり

高渡 :「そですね。どうしましょう。」>ユーラさんに

岩手:「最近、荒れてまして」

高渡 :

高渡 :「荒れてるんですか」

岩手:「ええ。弟子が女ばかりでいじめがいがないと」

副官:「美少年は清涼剤です」
(※きっと真顔。いや、ぜったい真顔で言ってるこの人。

ユーラ :「ここで立ち話もなんですから、とりあえず散歩がてらお話しましょうか。なにか面白そうなもの見つけたらそのときまた考えましょう」

高渡 :「えー(想像してみる)」

ユーラ :「うむ。美少年はいいですな。美青年でもいいですが」
(※意訳:15歳の竹内もいいが、18歳の竹内もいい。

岩手:「そうですね」

副官:「散歩ですね」

高渡 :「はいでは散歩で!」

高渡 :ユーラさん北国人だから美少年とか美青年なんでは(笑

ユーラ :では適当に散歩コースを歩くということで

ユーラ :設定的には一応(笑)

ユーラ :(しかも高位北国人ですよ!(何

芝村 :岩手は高渡の肩に手をのせて歩いている。

高渡 :「あ、目つむってるからですね。速度大丈夫ですか?」

岩手:「ええ」

ユーラ :「小笠原をこうしてのんびり歩くのは僕も初めてなんです。散歩も楽しいですね」

岩手:「そのまま聞いてください。遠くに術者がいますね。強大です」

高渡 :

ユーラ :「危険な相手ですか?」>術者

岩手:<晋太郎さんに似ています>

高渡 :「煤v

ユーラ :

高渡 :「(に、にてるけど違うですか?)」

副官:「いい天気だなあ」

副官:「島はいい」
(※マイペースな富良野。

高渡 :今日の気温はいかほどでしょう

芝村 :24度

高渡 :(そしてリアルおろおろしはじめる 私 よわい よわすぎる)

ユーラ :「富良野さんは、今も海賊業をしてるんですか?」

副官:「海賊と言うよりは交易ですね」

副官:「たまには戦いますが」

ユーラ :(この富良野君は人生の墓場突撃後でしょうか?

芝村 :わからない>ユーラ

高渡 :「ど、どっちのほうでしょうか」>岩手

ユーラ :「もともと交易をやっているところを襲われるようになったので、対抗して戦うこともあるということですね」

岩手:「大丈夫です。逃げていきましたよ」

岩手:「今はどこですか?」

ユーラ :「うちの国も船乗りが増えたので、海運のほうを頑張ろうと思ってるんですよ。もしよかったら、そのときは色々教えてください」

ユーラ :どこだろう? 散歩コースだから海岸沿い? 公園?

高渡 :「…はい。」晋太郎さん…とつぶやきます

副官:「分りました。高く買ってください」

高渡 :どちらでもー>ユーラさん

芝村 :岩手はくすくす笑ってる。

高渡 :

岩手:「怒っていたようです」

高渡 :「えっ…えええ!?」

ユーラ :「が、がんばります!」(高く買うって!?

ユーラ :「たかとさん、落ち着くんだ!」

副官:「ノウハウはたかいですよ」

芝村 :副官はにこやかに笑った。

ユーラ :「あー、まあ、そうですよねぇ。善処します」

副官:「はい」

高渡 :「おこ・・・って・・?」

高渡 :(うわん ぐるぐる)

ユーラ :「実を言うとまだ船も揃ってないんですが、まあ、頑張ります」

岩手:「どうかされましたか?」

高渡 :「すみません 岩手さんどっちの方向にいったかわかりますか?」

高渡 :「気になるんです。」

岩手:「消えました」

ユーラ :「ところで、これから公園のほうと商店街のほうとどっちにいきましょうか? 最近はいろいろ露店なんかも出てるみたいですけど」

ユーラ :(拍チえた

岩手:「公園はどうでしょうか、眺めのいいところで」

高渡 :

高渡 :「そう・・・ですか。ありがとうございます」

「では公園にしましょうか」

ユーラ :「はい。じゃあ公園にいきましょう。なにかおいしい食べ物のお店とか出てるといいんですけどねー」

高渡 :(こころなしかしょげー)

岩手:「おしりあいですか」

芝村 :散歩コースの公園は、海岸にある

芝村 :ベンチが全部海にむいてる

ユーラ :「たかとさん、なにか食べ物あったら買ってあげるから元気だしてー」(たぶんない気がするけど

高渡 :「晋太郎さんだったら よかったとおもったのです。」

ユーラ :「おおー、確かに眺めがいいですね。海が良く見える」

芝村 :屋台は少しだけ出てるよ。

高渡 :「うん。ありがと」>ユーラさん

岩手:「それはないでしょうね。仮面つけていました」

ユーラ :「(……今度、竹内君と来てみようかなぁ)」

ユーラ :「あ、屋台覘いて見ます! 富良野さんも一緒にどうですかー?」

高渡 :「仮面のお兄さんですね。」

副官:「戴きます」

高渡 :「先日お見合いで会いました」

高渡 :なんでお兄さんが怒るんだー!

ユーラ :適当に屋台で食べ物などを買いますー

岩手:「えーと。ユーラさん」

ユーラ :「はい?」

岩手:「僕は心が痛むので、ぼくのかわりにその人を殴ってくれませんか」
(※頼むな。

ユーラ :「えっと、その人って……」

ユーラ :たかとさんをじっと見てみる

高渡 :

岩手:「はい」

芝村 :副官は食べるのをやめて高渡の傍に立った。

ユーラ :「了解です! 犬妖精ぱーんち!!(ちょっとだけ手加減」
(※そして殴るな。

高渡 :這

ユーラ :白兵評価+1(手加減かそれ)

芝村 :副官が守った。

副官:「理由はどうあれ、やめてください」
(※さすが大貴族の貴公子。紳士です。

ユーラ :さすがです

ユーラ :「はい。とりあえず、たかとさんも元気出してください」

ユーラ :屋台で買ったフランクフルトを差し出しつつ

岩手:「嫉妬ですよ。きっと」

ユーラ :(……竹内に嫉妬されてみたいなぁ)
(※なんか色々間違った感想

高渡 :「え…?ええええええええ????(おろおろ)」

副官:「目の見えない人を案内して嫉妬するような人なら、ふったほうがいいです」

ユーラ :えっと、お詫びも兼ねて全員分の飲み物買って来ます。(がんばれたかとさん)
(※その頃の裏窓

  ユーラ:傍観(まて
  高渡:いやー 見捨てないデー
  高渡:お兄さんに嫉妬される理由がかけらも
  高渡:おもいうかばねええええええ

高渡 :「す、すみません脳の許容量が…あわわ」

芝村 :副官はぶつぶついってる

ユーラ :関係が進んだら進んだで色々あるんですねぇ、と思いながら富良野君にお茶を

副官:「ありがとうございます」

ユーラ :「えっと、さっきはすみませんでした」>富良野君

高渡 :「や、というかわたしのすきなひとはしんたろうさんでおにいさんは晋太郎さんの分身ででも私とは初対面で…(うわんぐるぐる)」

ユーラ :「たかとさんもお茶飲んで少し落ち着くのです」お茶渡しつつ

ユーラ :「岩手さんもどうぞ」

高渡 :「ああああありがとうございます」>ユーラさん

「どどどどうぞ岩手さん 手気をつけてください あわわ」

ユーラ :「……恋愛って、大変ですねぇ」(しみじみ
(※ホントにねぇ

芝村 :/*/

芝村 :はい。時間です。お疲れ様でした。

高渡 :orz

ユーラ :おつかれさまでしたー

高渡 :有難うございました

ユーラ :ありがとうございました。富良野君は紳士でした。

高渡 :えーーーーーーーえーーーーーーーーーーーーーーーー

ユーラ :(途中の発言のいくつかは無視(何

高渡 :富良野君にかまう余裕がありませんでしたがいいひとでした!

芝村 :ははは

芝村 :評価は+1+1でしたそれぞれ

ユーラ :おおっ、上がってたよたかとさん!

ユーラ :犬妖精パンチで下がったかと思ってました。

高渡 :はいです。 よかったですねユーラさん 頑張って争奪戦起こしてください!

ユーラ :はっはっは、竹内がまず嫉妬しないから無理!>争奪戦

ユーラ :orz

芝村 :秘宝館には1・1で依頼出来ます。

芝村 :では、解散しましょう。お疲れ様でした

高渡 :はい 有難うございました

ユーラ :はい。ありがとうございましたー。

芝村 :ではー

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
『たまにはのんびり散歩。の巻』 らいと・すたっふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる