らいと・すたっふ

アクセスカウンタ

zoom RSS 小笠原哀歌PARTV〜パンと焚き火と浮体橋〜 その2

<<   作成日時 : 2007/12/03 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


/*/

芝村:英吏が近づいてきた。

英吏:「いくら小笠原でも12月の格好ではないな」
   (※12:二人とも上着を脱いで、竹内はズボンまで脱いでいる。そりゃ12月の格好ではない。

ユーラ:「ははは、そうかも。竹内君大丈夫?」

竹内:「水に入らないとひろえませんよ。あんなの」

英吏:「それもそうだな」

竹内:「ずこー」

ユーラ:「ははは(笑)」

英吏:「焚き火がある。すぐ用意させよう」

ユーラ:「まあ、身体動かしてるうちは大丈夫だけど、あとでちゃんと身体温めないと風邪ひいちゃうね」

ユーラ:「ありがとう」

芝村:英吏はアボガドをとってさっていった。

ユーラ:アボカド!
   (※13:それを取っていくとは思わなかったので思わずこんな反応。

竹内:「食べたかったんですか?」

ユーラ:「いや、新作に目をつけるとはさすがだなぁと思って」

竹内:「自信作だったんですね」

竹内:「僕も食べればよかったな」

ユーラ:「あ、じゃあまた今度持って来るよ」

竹内:「はい。お願いします」

ユーラ:「よーし、腹ごしらえもしたし、もうひとがんばりするぞー!」

竹内:「そうですね」

芝村:竹内はならべ始めた。

ユーラ:では、並べたやつをつなげていきます。

ユーラ:「ところでこの浮体橋ってなんのためのものなんだろうね」

竹内:「そりゃもちろん・・・」

竹内:「橋ですよ」

ユーラ:こけます(笑)

竹内:「えー」

ユーラ:「いや、まあ、そうなんだけど何でまた急にここに橋なんか架けるんだろうと思って」

ユーラ:そんな話をしながらどんどんつなげていきます

竹内:「そりゃもちろん、地の底にかけるんでしょ」

竹内:「英吏さんそういってたじゃないですか」

ユーラ:「地の底かあ……」

竹内:「ロマンチックですね」

ユーラ:「そうだね」

ユーラ:(といいつつどうしても迷宮を思い出しますがっ

芝村:組み立てたよ。

芝村:焚き火が運ばれてきた。

ユーラ:「まずは一つ出来たー!」

芝村:大きな塗料缶に木が入れられている。灯油がかかってるらしい。

芝村:火をつけたら燃え始めた。

ユーラ:「あ、焚き火あたろう。さすがに身体が冷えてきたでしょ」

竹内;「はい」

ユーラ:焚き火にあたって暖を取ります。

芝村:竹内はなんか幸せそうだ。

芝村:歯を見せて笑った。

ユーラ:「焚き火ってなんかいいよね」

ユーラ:(PLは瞬殺されてます)
   (※14:竹内のこんな笑顔を見たのは初めてでした(感涙)

芝村:竹内は笑いながら上を見た。

芝村:星が見えてる。

ユーラ:つられて上を見ます

竹内:「いつのまにか暗いですよ。ユーラさん」

ユーラ:「あー、ホントだ。お昼に始めたのに、いつのまにか結構時間経ってたんだね」

竹内は優しい顔になった。

ユーラ:小笠原だとたくさん星が見えますよね

芝村:見えるね。

ユーラ:そんな竹内を見てちょっと幸せだなぁと思っています

竹内:「昔、岩崎先輩とこんな風に焚き火にあたってました」

ユーラ:「そうなんだ。青森にいた頃?」

竹内:「ええ。あの時は雪ふってましたけどね」

竹内:「思えば遠くにきたもんだ」

ユーラ:「そうだねぇ…」

竹内:「10年後の僕は、どうなってるんだろうなあ」

ユーラ:「きっと、今より少しかっこよくなってるよ」

ユーラ:「まあ、少しだけどねー」と言って笑います。

竹内:「彼女とか出来てますかね」

ユーラ:「竹内君が望めば、きっと出来てるよ」

竹内:「いいですね。がんばります」

ユーラ:「うん」

芝村:竹内は嬉しそうに笑った。

竹内:「僕、眼鏡買おうと思うんですよ」
   (※15:この一言に半泣きになる。
   (飛行機大好きなのにパイロットになれなくなってしまった心境を考えると、
   (下手な言葉で慰めるのは逆に傷つけてしまうんじゃないかとか、もうぐるぐるです。

ユーラ:「そうかー。うん、きっと似合うようになると思うよ」

芝村:竹内は寂しそうに笑った。

ユーラ:「……ごめんね、気の利いたこと言えなくて」

竹内:「いいですよ。ユーラさんがそんな人だって、僕よく知ってますから」

ユーラ:「でも、眼鏡かけるようになったって、竹内君が変わるわけじゃないから。だから、なんていうか、うまく言えないんだけど……」

ユーラ:「えっと、また一緒にパン食べよう。で、またこんな風に星を見たりしようよ」

竹内:「そうですね」

芝村:英吏が戻ってきた。

竹内:「英吏さん、僕、眼鏡買うんですよ」

英吏:「おお」

竹内:「一緒に買いにいきませんか?」

英吏:「いいぞ」

竹内:「はいっ」

芝村:英吏は貴方を見ているぞ

芝村:いいのかこれでと言う感じだ

ユーラ:う
   (※16:一緒に眼鏡を買いに行ったりしたらそれこそモニターの前で泣きそうで迷っていた。

ユーラ:「じゃあさ、三人で行こうよ。がんばって竹内君に似合うの選ぶよっ」

ユーラ:(なんか泣きそうです)

英吏:「そうだな」

芝村:英吏はまたユーラをばんばん叩いた。

ユーラ:「ぬおお、強いって!……ありがとう」

ユーラ:「じゃあ、今度みんなで買い物行こうよ。竹内君の眼鏡と、あと他にもなにか見て回ったりして」

竹内:「英吏さんって、ユーラさんのこと好きですよね」

英吏:「いや、大嫌いだ」

ユーラ:「ははは、英吏君はいい人だよー って大嫌いって!」

芝村:英吏は冷たい目でユーラを見ている。

ユーラ:うう……
   (※17:なんかまた英吏を怒らせるようなことをしてしまったのかと(汗)

竹内:「かわいそうですよ。英吏さん。ほら、棄てられた子犬のような目で見てるじゃないですか。好きなんですよ、優しくしてあげてくださいよ」

英吏:「こ・と・わ・る」

竹内:「なんでですか!」

英吏:「冷静に考えてみろ。お前ならまだしも、俺が男に走ったら女にもてないから逃げたようにしか見えんだろう」

竹内:「えー」

芝村:(泣くなユーラ(笑))
  (※18:ここまで結構な時間停止していた。いや、泣いてはないんですがっ

ユーラ:(いや、頭が真っ白に)

芝村:どうする?

ユーラ:何か言わなきゃと思うんですが、何も出てこないんです(涙)

芝村:竹内は何か言い返してくださいよと貴方を見た後、

芝村:あわてて貴方に近寄った。

/*/

芝村:はい。お疲れ様でした。

ユーラ:おつかれさまでした……

ユーラ:すみません、最後のほう全くなんにも浮かばずに固まってしまいました

芝村:乙女じゃのう。

芝村:ぷーとらかおぬしは
  (※19:ぷーとらさんといえば乙女。乙女といえばぷーとらさん。

ユーラ:いや、さすがにぷーとらさんほどではないと思いますが

ユーラ:なんか英吏が色々フォローしてくれてるのに申し訳ない感じがー

芝村:ありゃ照れ隠しだ

芝村:評価は+2+2でした

ユーラ:よかった、本当によかった……(涙)

ユーラ:やっとマイナス分がなくなりました。ありがとうございます。

芝村:0・0?

ユーラ:いえ、前回で0・−1だったので、+2・+1に

ユーラ:(なんか足し算すら間違えてないか不安になるのはなぜでしょう)

芝村:いや、大丈夫

芝村:秘宝館には2・2で依頼出来ます

ユーラ:あ、逆です。−1・0だったので+1+2ですっ
   (※20:やっぱり動揺していた。

ユーラ:はい

ユーラ:(うまくいったはずなのに苦戦者の会から抜け出せる気が全くしないのはなぜでしょうか)

芝村:次は英吏もこんしなー

ユーラ:(サポート抜きだと地雷踏みまくりそうです)


//余談//

ユーラ:あ。すみません、ひとつ質問があるのですが

芝村:ええ

ユーラ:シーパレードマーチに出ていた高城試練さんは呼び出せるのでしょうか
   (※21:シーパレードマーチはPS2ゲーム・ガンパレードオーケストラのゲーム内のテレビ番組の一つ。
   (気になる人は白の章と青の章を遊びましょう

芝村:ええ。

芝村:なんでまた、そんな化け物を

ユーラ:いや、なんか面白そうな人なので

ユーラ:それに参謀長やられてるくらいですからなにかいい話が聞けないかなーとか思いまして

////////


芝村:竹内死なないといいね

ユーラ:

ユーラ:死なせないように右往左往します!

芝村:そうね。

芝村:かなり気合入れたがいい

ユーラ:はい。そんなに危ないんでしょうか

芝村:北郷なみに

ユーラ:(北郷さん……攻藍の総長さんでしたっけ

芝村:うん。ま、臆病になるのはわかるが、適当にがんばれ
  (※22:びくびくしてるのがバレバレだったようです。いや、ログ見返したら顕著ですが(遠い目)

ユーラ:はい、がんばります

ユーラ:今日はありがとうございましたー

‐了‐



/*/

今回のおまけ

/*/

(@_@)メモ

※1:目が悪くなっていることは知っていたが、そこまでとは思っていなかった。

※2:こういう反応がくるとわかってても凹みます。orz

※3:サポートキャラの機嫌を損ねるユーラ。おそろしい子。

※4:いや、そういわれても仕方ないけど、ないけどもっ(涙)

※5:速攻

※6:独り占め発言に思わず反応。しまった。

※7:よいこは真似をしないように

※8:いっぱいいっぱいでリアクションする余裕なし

※9:どうでもいいような設定でも作っておいてよかったと実感。

※10:竹内スキーのみなさん、チーズです。

※11:ありがとう英吏。本当にありがとう(涙)

※12:二人とも上着を脱いで、竹内はズボンまで脱いでいる。そりゃ12月の格好ではない。

※13:それを取っていくとは思わなかったので思わずこんな反応。

※14:竹内のこんな笑顔を見たのは初めてでした(感涙)

※15:この一言に半泣きになる。
    飛行機大好きなのにパイロットになれなくなってしまった心境を考えると、
    下手な言葉で慰めるのは逆に傷つけてしまうんじゃないかとか、もうぐるぐるです。

※16:一緒に眼鏡を買いに行ったりしたらそれこそモニターの前で泣きそうで迷っていた。

※17:なんかまた英吏を怒らせるようなことをしてしまったのかと(汗)

※18:ここまで結構な時間停止していた。いや、泣いてはないんですがっ

※19:ぷーとらさんといえば乙女。乙女といえばぷーとらさん。

※20:やっぱり動揺していた。

※21:シーパレードマーチはPS2ゲーム・ガンパレードオーケストラのゲーム内のテレビ番組の一つ。気になる人は白の章と青の章を遊びましょう)

※22:びくびくしてるのがバレバレだったようです。いや、ログ見返したら顕著ですが(遠い目)

/*/

○今日のパン一覧

・ハムチーズサンド
・カツサンド
・卵サンド
・ツナサラダサンド
・アボカドサンド
・キムチやきそばパン
・ソーセージロール
・クリームあんデニッシュ
・ブリオッシュ

※どう見ても一人で食べる量ではありません。

/*/


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
小笠原哀歌PARTV〜パンと焚き火と浮体橋〜 その2 らいと・すたっふ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる