『宇宙からの攻撃と木っ端』


南天 :
今晩和、生活ゲームをお願いに参りました。

芝村 :
記事どうぞー

南天 :
【予約者の名前】14-00287-01:南天:後ほねっこ男爵領
【実施予定日時】6/16/22:00~23:00
【ゲームの種別】生活ゲーム
【ゲーム時間:消費マイル】
 ・1時間:20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】
 ・芝村英吏:藩国非滞在:10マイル
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・14-00287-01:南天:後ほねっこ男爵領:入学済:44マイル

宜しくお願いします。
あと…
召喚ACEに英吏さんを指名して呼び出し費用を10マイル消費しているのですが
生死判定中という事は呼び出し不可ということでしょうか?


芝村 :
大丈夫
イベントは?

南天 :
はいええと…イベントを決める前に以下の質問をお願いしたいです。すみません宜しくお願い致します。
Q:アヤフジ・フジトラは宰相府に戻ってきていますか?
Q2:今日お昼にお伺いした時の英吏さんの居所はフィーブル藩国であっていますか?
Q3:英吏さんかモシンさんに手紙は出せますか?
Q4:レイカちゃんフィーブル勲章を所持しています。フィーブル藩国が戦場になっているので参戦できませんか?
Q5:フィーブル藩国にこれから伺いますと戯言屋さんの新聞社を通して連絡していたということにできますか?(以前亜細亜ちゃんの特集の時にお世話になりましたので)

芝村 :
A:ええ
A2:ええ
A3:いいえ
A4:いいえ
A5:ええ

南天 :
有難う御座います。…ええとイベントは何とか英吏さんと合流したいです。
何をするのかは考えてないのですが、いかなくて後悔したくないので…

芝村 :
2分まってね

南天 :
はい、お願いします!!

芝村 :
/*/
ここは宰相府の一角。貴方の机のまえだ。
共和国との連絡が途絶えて大騒ぎになってる

南天 :
Q:共和国との連絡が途絶えたのはいつで、宰相府はそれについて対応しているのでしょうか?

芝村 :
A:今日の昼頃だ。核と思われる。
宰相府は独自行動として情報収集にあたってるが、それ以上はまだなにもしてない。

南天 :
Q:核はリワマヒさん産のヒマワリが有害物質を取り除いていませんか?
Q2:連絡の取れなくなっている秘書官はいますか?

芝村 :
A:分からない
A2:いない

南天 :
すみません…えっと
Q:核が落ちたのはどの辺りか見当は付いていますか?

芝村 :
A:北海道

南天 :
ぐあーーー!!ど、どうしよう
戯言屋さんと連絡をつけたことになっていますが、それは今も通信可能でしょうか?
今からでも駆けつけられますか?

芝村 :
A:今は不能だ。

南天 :
ああ、通信できなかったんだったorz
すみません(汗)
今からでも北海道に行く事は可能でしょうか

芝村 :
どうやって?

南天 :
雷電たちを乗せて車とか…出来ませんでしょうかorz
他に思いつかない(汗)

芝村 :
無理だね・・・・
ISSがないので手引きもない
ここでやめれば返金される

南天 :
いえ、何のために今日やってるのか分かりませんので
命を失っても会いに行きたいです…

芝村 :
どうする?

南天 :
フィーブル藩国ですと確か青を呼んでいませんでしたでしょうか>ブータさん
青はどうやってフィーブル藩国に渡ったのか知る事はできませんか?

芝村 :
絶技だよ

南天 :
ず、ずる(汗)
小宇宙さんとかあおひとさんとか
共和国側の秘書官さんに行き方を聞いて見ることは出来ますか?

芝村 :
帰宅ルートはあるよ。
航空機が用意されてる。民間機だが

南天 :
ということは

芝村 :
はい?

南天 :
ええと、ジェントルラットさんには宰相府藩国と協力関係に会ったはずです
整備など、そちらまで近づいて、あとは徒歩でフィーブルにわたることは可能でしょうか?

芝村 :
できるね。どうせ今日子の様子見る予定だった
ついていっていい。

南天 :
ついていきます!
有難う御座います…

良狼:「・・・・」
良狼は黙って民間機に乗った。

南天 :
「すみません、宜しくお願い致します!」(頭を下げます

芝村 :
腕組んで座ってる。

南天 :
あわてて乗り込みます

芝村 :
機体は直ぐ飛んだ。

南天 :
宜しくお願いしますと再度頭を下げます

芝村 :
フェイク2が1機、護衛でついてくる。
良狼:「状況は、あまりよくない」

南天 :
「状況をなにかご存知ですか?…すみません、あまりつかめず飛び乗ってしまったもので、お教えいただけますでしょうか?」

良狼:「・・・」
良狼:「多分、攻撃だ。大規模な」

南天 :
「核だと、そう聞いております。でも今日の戦闘は…モシンさん、ブータさん、サウドさんによる怒れる方々への…その…」
「なぜ核なのだろうと…」

良狼:「核である必然があった」

南天 :
「誰が何のためにフィーブルに核を…ですね。すみません」

良狼:「フィーブルかはわからん」
飛行機は国境地帯だ
護衛機が離れていく・・・
後5分で到着するよ

南天 :
護衛機にお辞儀します。見えないだろうけど心だけ感謝を
はい!気を引き締めます>到着

良狼:「……覚悟はしておいたほうがいい」

南天 :
「はい…宜しくお願いします」

芝村 :
/*/
航空機は上空を旋回してる。
操縦席で話してた良狼が戻ってきた。
良狼:「放射能はないそうだ。だが…」

南天 :
ピンと耳を立てて、話を真剣に聞きます。一言一句漏らさないように

良狼:「ひゅうがあおいのせいかもしれん。管制との連絡はつかない」
良狼:「どうする?」

南天 :
「行きます。どうしても行くんです…会いたいんです。」
どうしてこう無力なのでしょう…

良狼:「俺はキノウツンに用がある」
良狼:「パラシュートを使って降りれるとは思う」

南天 :
「どうも有り難う御座いました。有難う御座います。使わせていただきます」
(深々と頭を下げます

芝村 :
着用アイドレスと、器用さは?
リクエストは3だ

南天 :
着用アイドレスは
高位北国人+犬妖精+魔法使い+船乗りです
器用は4です…
(落ちれば耐久力-3です(汗)

芝村 :
差分1
60%
ダイスロール

南天 :
はい、お願いします!!1d100
芝村 のアドイン "mihaDice" の発言:
[mihaDice] 南天 : はい、お願いします!!1d100 -> 67 = 67

南天 :
(うわ

芝村 :
中間だった。
貴方は着地したが足をくじいた。
人影はない・・・
まっくらだ。明りもない。瓦礫の上にいる。

南天 :
がれき…という事は少なくとも国の中心ではないですね

芝村 :
わからん

南天 :
海が近いのでしたら、音が聞こえるはずです。音は聞こえますか?
犬耳をぴんとはります
海岸線に沿って歩けば王城があったはずです

芝村 :
音は・・・聞こえるね。
何もかも焼けた匂いがする。

南天 :
中心地区のほうへ移動します
海岸線に沿って歩きます

芝村 :
こけた。

南天 :
立ち上がります

芝村 :
耐久力で0の判定。
耐久力は?

南天 :
ぐっ-3です…

芝村 :
20%
ダイスロール

南天 :
こんじょおお!1d100
芝村 のアドイン "mihaDice" の発言:
[mihaDice] 南天 : こんじょおお!1d100 -> 43 = 43

南天 :
(みせられなかったかorz
ずってでもーーー!!

芝村 :
貴方は力尽きた・・・
/*/

南天 :
きあいでーーー
なんとかーー(泣)

芝村 :
幸運、チェックしてもいいよ

南天 :
お願いします!
6です

芝村 :
5だ。
差分1
60%
ダイスロール

南天 :
お願いします…!
1d100
芝村 のアドイン "mihaDice" の発言:
[mihaDice] 南天 : お願いします…!
1d100 -> 20 = 20

芝村 :
成功した。
向こうから人が歩いてくる。

南天 :
ずりずりしても這っていきます

竹内:「生きてる人はいませんかー」

南天 :
「た…たけうちくーーーーーん!!」
「えいりさーーーーーん!!」
「えいりさああああん!!」(うえー

竹内:「……!」
竹内が貴方に気付いた。
貴方は助けられた。
/*/
はい。お疲れ様でした。

南天 :
わーん!有難う御座います…

芝村 :
10マイル戻りました。

南天 :
たどり着けなかった…
有難う御座います…うう
竹内君はどの竹内君なのでしょうか?
南天はやっぱりあのままログアウトですかorz

芝村 :
ええ。ログアウトだね。ユーラの知ってる竹内だ。

南天 :
有難う御座います。ユーラさんの竹内君には手紙は届きますか?

芝村 :
いいえ。
戦争地域指定だ。

南天 :
聯合通信の通信欄は使えますでしょうか…

芝村 :
恐らく届かないと思う

南天 :
読めますか?<通信欄
ああううorz
(ええいしっかりしろ(ばちばち

芝村 :
はい。では解散しましょう。お疲れ様でした。

南天 :
すみません。有難う御座いました…!
いつまでもお邪魔すると まつりさんのおじゃま
あ、はい有難う御座いました!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0